2012年07月20日

linkstationファーム更新 1.6 〜アクセスフリー

再ムーブに対応したということなので、入れてみたのですが…
共有フォルダやDLNAのアクセスをいくら制限したところで、ブラウザさえあれば、視聴も削除もできてしまうようです。

"http://<ADDRESS>:9050/nmc/web"から、コンテンツの再ムーブが管理できます。
 (公式: [PDF]LinkStationに録画した番組をムーブ(移動)するには)
この操作ページは、設定「アクセス許可 DLNAクライアント」での「許可/拒否」に関わりなく、無制限にアクセス可能です。
つまり、誰でも自由にコンテンツをムーブできます。

"http://<ADDRESS>:9050/"から、Twonkyのページにアクセスできます。
パスワードを設定すると、設定ページ(〜/config)へのアクセスを制限できます。
しかし、コンテンツのリストページ(メディアブラウザ)へのアクセスは制限されません。
つまり、誰でも自由にコンテンツを視聴できます。

その他
Twonkyの「プレーヤー」設定では、
・「新たなプレーヤーの自動検知を行ないます。」のチェックを外すことで、「デフォルトで拒否」に設定できます。
・アクセスする端末毎に、提供するコンテンツリストの種類を選択できます。
posted by raruth at 10:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ガジェット