2014年12月22日

Xperia Z3 tablet compact メモ

・Xperia電話機とXperiaLinkでペアリング(&「自動接続」と「家での利用」をチェック)しておけば、テザリングを意識せずに何処でも使える。ただし、Wi-Fi圏を出入りする際は、いったん画面を消して再接続させる必要がある。
・スタミナの例外アプリ設定が、Z2 tabletと逆で「許可する」になってて、デフォで制限される。
・ホワイトバランスでRGBを一律に大きな値に設定することで、画面をより暗くでき、スタミナも増大。
・暗い場所に合わせると明るい場所で明るすぎ、明るい場所に合わせると暗い場所で暗すぎる。自動調整の際は下限に加えて上限も設定したい。
・連絡先の「連絡先フィルター」でチェックを外したグループは「グループ」表示から除外して欲しい。あるいは、「本体グループ」を削除できるようにして欲しい。→データ消して再同期したら、なぜか消えてた。
・BTテザリングも、「設定」>「データ使用」の「モバイルアクセスポイント」と同様に設定できるようにするか、デフォルトで「モバイルアクセスポイント」扱いにして欲しい。
・ ステータスバーの受話器アイコンは通話可能なBT機器が接続していることを示すらしいが、同じハンズフリーBT機器でも、機器によって出たり出なかったり、切断しても消えなかったりする。
・充電開始音は、音量設定上は通知でなくメディア扱い。また、選択的に止めることはできない。
・勝手に設定が変わることがある。高画質モード:X-R→OFF、XperiaLink:BT→Wi-Fi
・スクリーンセーバーのSensMe slideshowで上に黒い帯が入ることがある。まれに動かなくなることもあるが、Z2 tabletほどには頻発しない。
・ロック画面の回転はスリープ時は電話のタイプ(通常縦固定、充電時回転)で、目覚めると向きに応じて回転する。スリープ解除時、初期設定では一瞬で回転するが、「スマート画面回転」をONにしていると回転までの時間が長くなる。
posted by raruth at 15:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ガジェット
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/107814270
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック